酒屋の宅飲み

酒屋に勤めるサラリーマンが自宅で飲むお酒のご紹介

ミラモンテ ブリュット(2日目)

saito0701.hatenablog.comこれの2日目です。

 

イオンの肉屋で買った薄くて安い牛タンと合わせます。と言うか、いいお値段の牛タンも食べてみましたが噛み応えがありすぎてアゴが疲れますので私の口にはこの安いニュージーランドの牛タンが合います。

 

元々特筆するような爽やかな果実味や生き生きとした酸、溌溂とした香りを持っていたわけでは無いので、別に2日目でも見劣りするようなことはありません。ほぼ前日と印象は変わりません。

 

食事を変えたところでそう印象が変わることはありませんでした。漫画で言うならモブキャラは多少のことがあってもモブでしかないというところです。ただ、この価格で不愉快な部分もほぼ無いというのはあるい意味では特筆すべきことかもしれません。安いワインは薄くトゲトゲしい酸を乏しい果実味が覆いきれずに不愉快な印象を受けることが多々ありますが、こちらはそこまでではありません。

 

近日中に「そこまで」のワインをご紹介できると思います。