酒屋の宅飲み

酒屋に勤めるサラリーマンが自宅で飲むお酒のご紹介

ミラモンテ ブリュット

ミラモンテ ブリュット
  • 生産国:チリ
  • 生産者:カロリーナ ワイン ブランズ
  • 輸入元:日本酒類販売
  • ブドウ品種:ソーヴィニヨンブラン、シャルドネ

生産者のカロリナーナ ワイン ブランズ社は1875年創業のチリの老舗です。サントリーが輸入しているサンタ カロリーナやこちらのミラモンテ同様、日本酒類販売が輸入するカサ ブランカなどが主力です。

 

個人的な総評として、ここが作るワインは安いは安いが絶賛するワインが皆無で、バルディビエソやエラスリス、コノスルなどに比べると見劣りします。

 

しかし、宅飲みにおいて安さは重要な要素です。特にスパークリングワインは製法の問題やボトル、コルクがスティル(泡の無いワイン)に比べてコストがかかるためやや価格が上がるのが常ですが、こちらは税込み600円前後です。前述のバルディビエソ ブリュットが特価でも900円近いことを考えるとバルディビエソ1本買うか、缶ビールを付けてもお釣りがくるミラモンテことを考えると、どちらを選ぶかは人それぞれでしょう。

 

ペペロンチーニと合わせましたが悪くはありません。特筆すべき良さもやはり価格のみです。その一方で欠点らしい欠点も無いので、選択肢として十分ありでしょう。ボトル、ラベルがそこそこ高級感があるし、輸入元も名前は立派(酒類の問屋としては1、2位を争う最大手)な一方で小売り店にはそこまで並ばないため、ワイン会などで持っていくには悪くないかもしれません。