酒屋の宅飲み

酒屋に勤めるサラリーマンが自宅で飲むお酒のご紹介

ジェイコブス クリーク リースリング(2日目)

saito0701.hatenablog.comこちらの2日目です。

 

2日目はポークソテーと合わせてみます。リースリングと合う料理ではありますが、ポークソテーの方が懐が深く、様々なワインと合う料理です。味付け次第ではありますが白はしっかり目でも軽くてもかまいませんし、ピノノワールでもボルドーでも問題ありません。

 

今回は合わせるのが白であることと、ロピアで購入したちょっといい国産豚ということもあり、塩コショウで下味だけしてマスタードを乗せただけの物です。

 

料理どうこう以前に果実味、酸、ミネラルだけのワインが、冷蔵保存していたのにもうすでに果実味が乏しくなっています。香りもさらに薄くなりました。経験上、白は抜栓後、冷蔵保管していれば2日目で赤に比べてそこまで大きく劣化はしないものですが。

 

「だからダメ」というワケではありませんが、高いワインは

saito0701.hatenablog.com

saito0701.hatenablog.com2日目でも美味しいどころか2日目から本領発揮する部分すらあるのに対して、安いワイン、とりわけ単調な味わいのワインは2日目は全く期待できません。これもその口です。

 

つまり、可能であるならば抜栓してすぐに飲み切ってしまえばその欠点はありません。それぞれそのワインに適した楽しみ方があるという事でしょう。

 

苦手意識を持たず、自信の引き出しを増やすために今後もオーストラリアワインにチャレンジします。