酒屋の宅飲み

酒屋に勤めるサラリーマンが自宅で飲むお酒のレビュー

ほろよい クリームソーダサワーメロン

ほろよい クリームソーダサワーメロン

saito0701.hatenablog.comこちらと同時発売のクリームソーダ味のRTD。元々ほろよいはこだわりを主張しないリキュールですが、これもまた見事に普通のクリームソーダ味です。味のコメントのしようがありません。

 

この4月からサントリーの山崎や響は大幅な値上げです。値上げしなくても物が無いのでどうでもいいのですが、値上げしてもまだ海外の方が高く売れるのでしょう。もうこの辺の数に限りがある商品は日本市場を見放していますね。

 

ヨーロッパも移民で荒れてますし、平和なだけマシなんでしょうか。今のところは、ですが。

ほろよい クリームソーダサワー いちご

2023年12月5日発売の限定品。メロンも同時発売なので色合い的にも完全にクリスマスを意識した商品ですが、購入したことを失念しておりこんなタイミングで開けたため、サントリーにとって宣伝にもならない記事になりました。

 

毎度のことながらイメージ通りの味わいとこだわりを主張しないこのブランドはサントリー嫌いな私ですら好意的な印象を持っています。

 

近日中に旬を過ぎてしまったメロンも開けますが、もはやレビュー不要の味でしょう。

ナチュラル オーガニック ワイン ソーヴィニヨンブラン 缶

ナチュラル オーガニック ワイン ソーヴィニヨンブラン 缶
  • 生産国:スペイン
  • 加工者:モンデ酒造
  • 販売者:三菱食品
  • ブドウ品種:ソーヴィニヨンブラン

saito0701.hatenablog.comこれの白です。

 

赤は勝手に勘違いしてワインテイストのアルコールドリンクだと思い、料理も用意せず開けて失敗したので、白はちゃんと食事と合わせてみます。

 

食事と言ってもこんなのですが。

 

連休中に出かけていたので、家に食材が無くサラダも無しのカルボナーラ

賞味期限切れのベーコンがあったのでこの機会に使いきってみたらちょっと美味しそうな絵面にはなりました。

 

ソーヴィニヨンブランは高く華やかな香りと綺麗な酸味を持ったものが比較的多い印象を受けますが、土地によって大きく香味が異なります。ロワールのプイィ フュメはシレックスというケイ酸(火打石の成分)を多く含む土壌から、独特の煙のような香ばしさを持ったワインが生まれますし、ニュージーランドマールボロなどでは非常にクリーンでさわやかな酸味を持ったワインが作られています。

 

こちらは原料がスペインで果実味が豊かで酸味が穏やかです。ワインを飲みなれている人にはやや物足りないという方もいるかもしれませんが、これはこれで飲みやすいですね。薄いわけでは無いですし価格を考えれば十分頑張っているワインだと思います。

 

通常のボトルのワインは1杯飲みたいというときは不向きですし、3Lのバッグインボックスは1日1杯~というスタイルにはいいのですがヘビーユーザー向けです。ライトユーザーがちょっとワインを飲みたい、と言うときにはこれはベストな選択肢かもしれません。

ナチュラル オーガニック ワイン カベルネソーヴィニヨン 缶

ナチュラル オーガニック ワイン カベルネソーヴィニヨン 缶
  • 生産国:スペイン
  • 加工者:モンデ酒造
  • 販売者:三菱食品
  • ブドウ品種:カベルネソーヴィニヨン

モンデ酒造は缶詰のワインを得意とする山梨の会社です。自前のワインはプレミアムの物もありますが、会社の理念として日常的に、身近にワインを楽しんでほしいことに重きをおいているため、こういうワインも作っているのでしょう。

 

普通のワインとは知らずに缶入りワインテイストのRTDだと思いこみ、キャップを開けてそのまま飲んでちょっと驚かされました。低アルコール飲料の気持ちで口に含んだものが、ちょっと飲みごたえのある赤ワインだったので。

 

果実味豊か、渋み抑えめの普通の赤ワインです。ナチュラルとかオーガニックとか私が嫌いな文言を並べてくれましたが味は悪くありません。飲みごたえも先述の通りそこそこで、気軽にワインを楽しみたいという方には味も量もちょうどいいでしょう。

 

映画を見ながら飲もうと思いましたが、思いのほかちゃんとしたワインだったので、合わせて購入した白はちゃんと食事と合わせようと思います。

トップバリュ フルーツ紅茶

トップバリュ フルーツ紅茶
  • 生産者:ニッセー
  • 販売者:イオン

名前の通りの味の商品。マスカット、もも、オレンジ、りんごなどの紅茶と相性がいい果物を複数加えて複雑な味にしています。よく言えば飲みやすく、悪く言えば薄い味ですが、個人的には悪くないと思ってます。

 

イマイチ飲むシーンが思い浮かばなかったのですが、食後にまったりと楽しむのがいいんでしょうか?あまり食中酒という印象はありません。

 

トップバリュは学生時代に安マズインスタントラーメンを食べていたおかげで、あまりいい印象は無かったのですが、ビールに続いてこちらも「そこそこ楽しめる」という感想です。

Bodegas Tres Piezas ソロ ティント

Bodegas Tres Piezas ソロ ティント
  • 生産国:スペイン
  • 生産者:Bodegas Tres Piezas(?)
  • 輸入元:ベルーナ
  • ブドウ品種:テンプラニーリョ

saito0701.hatenablog.comこちらの赤。

 

白は率直な感想として「まぁまぁダメ」な部類ですが赤は果たして。

 

塩、胡椒で下味をつけ、焼きあがった後にマスタードを付けただけのシンプルなポークソテーです。

 

この料理は軽い赤、ロゼ、中程度以上の飲みごたえの白やカヴァなどに幅広く合うワイン向けの料理として自分の中では位置づけしてます。

 

白同様、香りはハッキリとしておりチープさはありませんが、さほど複雑でもありません。渋みはあまり無く、酸味が全体を引き締める感じの赤ですね。この酸味が料理を食べた後の口をさっぱりとさせ、料理には無い果実味が食卓全体を豊かにします。

 

白とは大分感想は異なり、600円以下で入手できたのであればいいコスパのワインだと思います。決して高品質なワインではありませんが、スペインの低価格ワインらしい飲みやすいさと華やかさを持ったワインです。

 

元々ベルーナという会社に対して個人的にいい印象を持っていないところにダメな白を味わったので全く期待していなかったのですが、赤はかなり好印象です。同じブランドで「赤は普通だけど白はけっこういい」って記憶はあるのですが、これは逆ですね。

 

同価格であればアルパカと比べてもそう劣らないワインだと思います。一晩で1本開けてしまったのは私としては珍しい。よって2日目のレビューはありません。

Bodegas Tres Piezas ソロ ブランコ

Bodegas Tres Piezas ソロ ブランコ

生産者名はとあるワインのサイトにそのように掲載されていただけで確信はありません。Bodega Tres Piedrasという生産者のHPは確認できましたがBodegas Tres Piezasという生産者が確認できなかった上、輸入元であるベルーナのHPで見積もりでも生産者の記載が無いからです。

 

ベルーナのHPでは980円(外税)で売られているこちらですが、とあるドラッグストアで500円弱で販売されていたので購入。ベルーナはワイン通販のMY WINE CLUBで有名ですが、こちらが得意としているのはワインのセット販売です。

 

ベルーナが、というワケではありませんがワインのセット販売は要注意です。考えずに適当に色々なワインを飲みたいというのならいい物ですが

「12本セットで12000円!1本当たり1000円のセットに相場が1500円近いワインがあってお得!」

という見せ方をしているものがあります。しかし、セットに必ず含まれている見たことも聞いたことも無いワインは600円程度ってことも多々あります。

午前中にスーパーで買い物をして自宅昼飲みで開けてみました。白ワインと生ものは決して相性が悪いワケではありませんが、日本酒の方が無難ですね。

 

500円程度のワインですからこれっぽっちも期待していなかったのですが、香りは中々しっかりとフルーティー。安ワインの特徴の一つとして香りが乏しいというのがありますがこれはちょっと驚きました。しかし、やや野性的な香りでクリーンとは程遠い印象です。恐らくですが酸化している、というより選果(健全なブドウの粒だけを仕込み回す作業)を行っていないため、傷んだブドウも混ざっているのかもしれません。

 

この価格の量産ワインで選果しろとは言いませんが、やや雑な味です。酸も乏しく食事と合わせようにも単体で飲もうにもいい印象は受けません。酸っぱいワインが嫌って方が飲んだらどういう感想になるのかな。