酒屋の宅飲み

酒屋に勤めるサラリーマンが自宅で飲むお酒のご紹介

ダンデゾン コート デュ ローヌ ヴィエイユ ヴィーニュ

f:id:saito0701:20220103202428j:plain

ダンデゾン コート デュ ローヌ ヴィエイユ ヴィーニュ
  • 生産国:フランス/コート デュ ローヌ
  • 生産者:ドメーヌ ダンデゾン
  • 輸入元:稲葉
  • ブドウ品種:シラー

生産者のダンデゾンはエステザルグ葡萄栽培者組合の一人。最も出来のいいブドウは自社ラベルで出荷、残りを組合の名前でワインとして出荷するかネゴシアンに売却しているそうです。

 

そのエステザルグ組合の中でも花形生産者と言われているのがこのダンデゾン。で、そのダンデゾンのスタンダード品がこのヴィエイユ ヴィーニュ(古木)です。

 

色調は全く透き通らない濃い赤、果実味は強いがバランスの取れているタイプで普通のステーキなどよりはハンバーグなどの柔らかい肉料理や焼き鳥やお好み焼きと言った甘辛いタレを使う料理と合います。

 

f:id:saito0701:20220103202441j:plain

盛り付けも画質もアレですがビーフシチューとも相性抜群です。というかビーフシチューが赤ワインと相性がいい料理と言うべきでしょうか。流石にどんな赤とでも、とは言いませんが。

 

赤い果実感が強いのですが、こういった濃いめの料理と合いますし、濃いめのソースとも相性抜群です。この辺はちょっとワインを飲んだことがある方ならことさら強調されるまでもなくご存じでしょうが、焼き鳥のタレと試したことが無い方は是非試してみてください。照り焼きでもいいです。

 

渋みが穏やかで少し酸味があるせいか、ローヌのワインはボルドーに比べて人気が劣る気がします。確かにボルドーほどの万能性は無いかもしれませんが料理と合えばローヌもとてもいいんですけど濃すぎるんでしょうか?

 

こちらのワインはダンデゾンのスタンダード品で、高級品の重厚なボトルのヴィラージュ・シニャルグもあります。高級と言っても2000円強ですのでそう無理なく飲めるワインかと思います。濃いめが好きな方はそちらをどうぞ。