酒屋の宅飲み

酒屋に勤めるサラリーマンが自宅で飲むお酒のご紹介

ヴァッレ レアレ ヴィニエート サンテウザニオ モンテプルチアーノ ダブルッツォ 2018

f:id:saito0701:20211027221144j:plain

ヴァッレ レアレ ヴィニエート サンテウザニオ モンテプルチアーノ ダブルッツォ 2018
  • イタリア/アブルッツォ州
  • 生産者:ヴァッレ レアレ
  • 輸入元:ファインズ
  • セパージュ:モンテプルチアーノ100%

宅飲みワインとしてはかなり奮発の部類になる税込みで3000円前後のワインです。

saito0701.hatenablog.com

この生産者の派手さやインパクトは無いものの、芯のある綺麗な味わいが好きでちょいちょいリピートしているのですが、この上級品はこれが初めて。

f:id:saito0701:20211027221203j:plain

ロースハムと合わせましたがまぁまぁといったところ。特別な相乗効果は感じませんがイタリアを代表する赤だけに無難に合います。胡椒も効いてるタイプのハムだったので、多分ローヌ、欲を言えばシラーが多めの赤の方がこのスパイシーなハムには合ったかもしれませんが、そんな都合よくローヌの赤をストックしてはいませんでした。タヴェルならあったのですが、ちょっと特別なヤツだったのまだ開けられません。

 

強めの味の料理でしたが、まっすぐでバランスがいいワインのせいか、料理に振り回されたりはしません。スパイシーで濃いめの味のハムの後に飲んでも味わいは崩れず、口の中を整えてくれます。漫画のハイキュー!!で例えるなら、派手さは無いものの無難に役割をこなす澤村大地みたいな位置づけです。こういう人がいるから世の中は回っているんです。

正直、この生産者はスタンダード品が食事に合わせるワインとして申し分が無いため、1.5倍の価格の上級品には価格差を感じさせるような差を私の舌では感じ取れません。閉じている、というほどでもないですし。

 

今日は料理と合わせた、というよりつまみでワインを飲んだという印象だったので、2日目に期待でしょうか、、、、