酒屋の宅飲み

酒屋に勤めるサラリーマンが自宅で飲むお酒のご紹介

いいちこ 深薫(しんくん)

いいちこ 深薫(しんくん)

いいちこは言わずと知れた麦焼酎の有名ブランド。この深薫はいいちこの飲食店向けとの事ですが、普通に店頭に並んでました。どうも飲食店向けの配達を行っている小さな酒屋なので、扱うのは問題ないんでしょうがどうなんでしょう。

 

通常の物より香りとコクがあるとのことで、お湯割り用の麦焼酎が欲しかった私は迷わず購入。漫画の「ワカコ酒」を読んで麦焼酎のお湯割りを試してみくなりました。

 

この日の夕食は油そば(具無し)とキムチ。この時期、広く料理に合わせられそうな懐の深さがあるお酒です。やはり和食と馴染みそう。

昔、バーテンダーの方とお酒と酔い方の話題で盛り上がったことがあります。その方も私もカクテル、ウィスキー、ブランデー、シェリー、ワイン、日本酒、焼酎などはもちろん、紹興酒、白酒、マッコリ、カシャーサ、オルーホ、テキーラなどと様々なお酒を飲みますが、二人で共通したのは一番気持ちのいい酔い方をするのは本格焼酎、一番嫌な酔い方をするのが日本酒、紹興酒シェリでした。

 

麦でも芋でも本格焼酎の酔い方は何ともいいものです。もちろん体質に影響されると思うのですが。私は洋酒に比べれば和酒は飲む頻度が低いのですが、普段の食卓に合わせやすいのはやはり日本酒や焼酎です。ワインみたいにガッチリ噛みあう、という経験もあまりありませんが、安心感があります。

 

いいちこ 深薫は悪くないと思いますが、お湯割りにするなら細部が分からなくなりそうなので、もっと安い焼酎でもいいかもしれないとか考えながらフォトジェニックからかなり遠い夕食をいただきました。