酒屋の宅飲み

酒屋に勤めるサラリーマンが自宅で飲むお酒のご紹介

ドメーヌ シュヴロ サントネイ ヴィエイユ ヴィーニュ 2011

ドメーヌ シュヴロ サントネイ ヴィエイユ ヴィーニュ 2011
  • 生産国:フランス/ブルゴーニュ地方コート ド ボーヌ地区サントネイ
  • 生産者:ドメーヌ シュヴロ
  • 輸入元:テラヴェール
  • ブドウ品種:ピノノワール

ワインセラーの整理がてら、飲み頃を迎えているワインを飲んでしまおうという事で選択。一昔前に比べてワインセラーの価格は大幅に安くなり、大きさも様々な物があるのでワインセラーはワインが好きな方は必須の道具です。大きいほどいいのですが最低限普段自宅に保管しているワインの本数の倍以上の容量の物をお勧めします。ワインセラーは超高級ワインを大事に保管する目的も悪くないのですが、それ以上にキャンティボルドー、コート デュ ローヌなどある程度こなれた価格で様々な料理に合わせられるワインを幾つかセラーに所有しておき、料理に合わせて抜栓する方がいいと思います。

 

サントネイはコート ド ボーヌでもかなり南に位置し、ボーヌ最南端のマランジュと隣接しており、時々一緒くたにされますが、断層で分かれているため個性は変わってきます。白ワイン最高のモンラッシェやコルトン シャルルマーニュに比べてボーヌの中では地味なため手ごろな銘酒を探すうえで注目すべき産地でもあります。

 

フランスのワイン生産者で活躍する日本人は少なからずいますが、こちらのシュヴロも当主の奥様、かおり シュヴロさんが日本人です。そのせいか、ここが作るロゼでブルゴーニュ ロゼ キュヴェ サクラと言うワインもあります。

 

輸入元のテラヴェールはキッコーマンの子会社でハイクオリティなワインを扱っていますが、小売店向けには販売していません。通販、業務用専用ですので若干入手が難しいインポーターです。そのくせボジョレー ヌーヴォーは是非店頭でもお願いしますとか言ってくるのがムカつきます。

 

それなりにピノノワールに合わせやすいハンバーグにしてみましたが、可もなく不可も無くですね。やはり肉の煮込み料理が良さそうです。2022年の今、この2011ヴィンテージを開けたところわずかにピークを過ぎた感じはあります。もう3年早く抜栓すべきだったかもしれません。わずかに果実味、酸味が大人しい印象は受けますが、しかし深みと複雑さをもっているいいワインです。人間なら私同様40代って感じですね。肉体的ピークは過ぎてますが、その一方で得ているものがあります。

 

人もワインも一緒で、大抵は若いほど魅力的です。しかし、一部の本質的に優れているモノだけが年月とともに深みのある、若いモノには決してたどり着けない円熟の極みに達します。自分がどっちになるのかはこれから他人が決めることでしょう。

 

ブルゴーニュの価格が異常に上がってきているので、このようなマイナー産地、マイナー生産者を探すので予算に限りがあるエノフィル(ワイン愛好家)には必須となってきました。