酒屋の宅飲み

酒屋に勤めるサラリーマンが自宅で飲むお酒のご紹介

日本盛 晩酌

f:id:saito0701:20211118230148j:plain

日本盛 晩酌
  • 生産者:日本盛

日本酒、それもパック酒はめったに飲みませんが冬は熱燗が飲みたくてなんでもいいから安い日本酒を購入しています。

 

f:id:saito0701:20211118230201j:plain

やはりお刺身には日本酒です。刺身はワインを合わせるには非常に条件が厳しい食べ物です。例えば白身とレモンのようなさっぱりとした辛口のセーヴル エ メーヌは悪くありませんがマグロには微妙です。さらに言えば白身カルパッチョなら相性抜群ですが、醤油をかけると白ワインとケンカします。マグロには一部のサンジョヴェーゼやピノノワールを合わせることも可能ですが醤油やわさびの香味と合うとはいいがたいものがあります。

 

ビールやハイボールは合うも合わないもなく、互いに邪魔はしない程度。やはり刺身や寿司には日本酒です。ワインと寿司、刺身の組み合わせは意外性もあって興味は尽きませんし、生ガキにシャンパーニュなど素晴らしい相性のペアリングもありますが「何も無理してまでワインにしなくても、、、」というのが色々なお酒が好きな私の個人的な感想です。

 

冷酒、冷や、ぬる燗などだとちょっとだけいいお酒で飲みたいものですが、熱燗だと私の舌には安酒で十分です。立ち寄ったドラッグストアで一番安かった晩酌パックにしました。2Lで750円はワインではありえない価格です。安さは宅飲みの非常に重要な要素です。

 

これだけ持ち上げて何ですが、晩酌パック、口に合いません。冷や(常温)で飲んだ時「?」と思ったものの、熱燗にすれば何でも一緒だろ考えはしたのですがやはり微妙。昨年は宝酒造の天パックにして大当たりだと思ったのですが、さすがになんでも一緒というワケにはいきませんでした。

 

やはり嗜好品、好みが出ますね。