酒屋の宅飲み

酒屋に勤めるサラリーマンが自宅で飲むお酒のご紹介

おたる醸造 キャンベル&バッファロー 赤 辛口(2日目)

f:id:saito0701:20211012234244j:plain

saito0701.hatenablog.com

昨日の内容が自分のペアリングが悪いせいでネガティブな記事だったため、味を知ったうえで再度ペアリング。

 

先日のブログでも書いたように、通常のワインというより生の果実感が顕著なワインであるため、「赤ワインだから肉」とはならず、クリームチーズなどと合うワインです。

 

もう一つ大事だったのは、赤ワインではありますが冷蔵庫で冷やしたほうが美味しく感じられたということです。私のお酒のキャパの問題というのもありますが、2日目の変化を見るために必ずボトルの半分を残して翌日に飲むようにしています。アメリカ、チリ、オーストラリアに多く見られる「分かりやすい美味しさ」のワインは2日目で平坦な味わいになるものですが、高品質なボルドーや難解なヴォーヌロマネなどは2日目には違った表情を見せたりします。

 

おたる醸造 キャンベル&バッファローは2日目でフレッシュ感は少し失いましたが、ワインセラーから出してすぐに飲んだ初日より、冷蔵庫で冷やしていた2日目のほうが好みです。きちんとした料理と合わせるワインというより、軽いおつまみと合わせたほうが良さそうですね。そういった意味ではあれこれ悩まず、気軽に飲むべきワインなのでしょう。